【R】TwitterAPIとMeCabとwordcloud使い、人のツイートの単語出現頻度を可視化する

RでツイッターAPIを使いたい
MeCabで遊んでみたい

ということはありませんか?

この記事では、Rを使って人のツイートを可視化する方法を書いています。

こんなものができます。

R
目次

人のツイートを可視化するまでの目的・環境

今回の目的

どんな単語をよく使っているのかを調べ、頻度が高い単語を大きな文字で表す。成果物はさっきの通り。

実行環境

  • Windows10
  • RStudio
  • MeCabインストール済み

MeCabをインストールしていない方は、【MeCab】を【R】で使えるようにするための【RMeCab】を導入する方法・流れ【Windows編】の記事をみてください。

RでMeCabを使う方法を書いています。

ツイートを可視化する流れ

超具体的に書いているので、長く感じると思います。実際は簡単なんで心配しないでください。

  1. TwitterのAPIに登録
  2. パッケージの導入
  3. RからTwitterAPIにアクセス
  4. ツイートの取得
  5. テキスト部分を取得
  6. いらない部分の削除
  7. 文字コード変換
  8. ファイルの結合と保存
  9. 名詞・動詞などの残す部分を決める
  10. 列名の変更
  11. 一度表にしてみる
  12. ツイートの可視化

コードを実行していく際、下のようなコードが出るかもしれないけど、気にしないで進んでください。

Warning message:
In strsplit(code, "\n", fixed = TRUE) :
input string 1 is invalid in this locale

1.TwitterのAPIに登録

この記事をごらんください。

2.パッケージの導入

必要なパッケージがあります。一気にインストールしてしまいます。

今回必要なパッケージは、これです。

  1. "wordcoloud"
  2. "RColorBrewer"
  3. "RMeCab"
  4. "dplyr"
  5. "stringer"
  6. "magrittr"
  7. "twitteR"
  8. "base64enc"
  9. "bit64"
  10. "rjson"
  11. "DBI"
  12. "httr"

twitteRのパッケージがエラーを起こす可能性があるため、多くのパッケージを入れています。

まだ入れていないパッケージは、インストールしておいてください。

パッケージの導入方法は、【R】RStudioでパッケージをインストールする方法と読み込みまでの流れ

3.RからTwitterAPIにアクセス

TwitterAPIを使うには、次のものが必要となります。

  • Consumer Key
  • Consumer Secret
  • Access Token
  • Access Token Secret

わからない方は、【2020年】TwitterのAPIに登録し、アクセスキー・トークンを取得する具体的な方法をご覧ください。

#パッケージの読み込む
library(twitteR)

下に自分のアクセスキー・トークンを入力してね。””は残してね。
consumerKey <- “自分のConsumer Key (API Key)”
consumerSecret <- “自分のConsumer Secret (API Secret)”
accessToken <- “自分のAccess Token”
accessSecret <- “自分のAccess Token Secret”

#認証
options(httr_oauth_cache = TRUE) setup_twitter_oauth(consumerKey, consumerSecret, accessToken, accessSecret)

#”Using direct authentication”が表示されたら成功

【#】がついているところは、コメントです。実行しないでいいです。

4.ツイートの取得

誰かのツイートを取得していきます。今回はこのアカウント(@gumimomoko)のツイートを取得します。※そのアカウントは存在しないので自由に決めてください。

tweets <- userTimeline(“gumimomoko”, 250)

userTimelineでツイートを取得することができます。

【250】は取得するツイート数です。1000ぐらいまでは、さくさく取得できます。

しかし、ここで得られたツイートには、アカウント名や投稿日時などのいらない情報が含まれているの。

5.テキスト部分を取得

texts <- sapply(tweets, statusText)

statusTextで、tweetsからテキスト部分を取ろうということです。

6.いらない部分の削除

でもまだ、いらない部分があるの。

library(dplyr)
texts %>% head()

2018/02/17時点ではこんな感じになっています。

twitterAPI

なんかいらないものが多いでしょ?そこを削除していきます。

#パッケージの読み込み
library(magrittr)
library(stringr)

#いらない記号(ID・URL・記号)を取り除くことができるASCLL
texts %<>% str_replace_all(“\\p{ASCII}”, “”)

# 欠損値を省く
texts <- texts[!is.na(texts)]

正確に説明するとstr_replace_all("\\p{ASCII}", "")は、(ID・URL・記号)を無に変換しています。str_replace_all("A", "B")はAをBに変えるというような、印象をもつとわかりやすいです。

7.文字コード変換

Windowsを使っている方のみ見てください。TwitterAPI(UTF-8)とWindows(CP932)の文字コードが違います。

texts <- iconv(texts , from = “UTF-8”, to = “CP932”)

iconv(文字列, from= "変換前の文字コード", to = "変換後の文字コード")

UTF-8 → CP932 にしてます。

8.ファイルの結合と保存

取得したツイートは、バラバラになっています。一つのファイルにしてしまいましょう。

#取得したツイートを一つのファイルにして保存
texts2 <- paste(texts, collapse =””)

#一時的なファイルを作る
xfile <- tempfile()

#先ほどのファイルに結合したツイートを書きだす
write(texts2, xfile)

paste(texts, collapse ="")でツイートを一つに結語しています。

例えば、paste("ab", "cd")を実行すると"ab cd"ができます。

tempfile()で一時的なファイルを作っています。

write(texts2, xfile) で先ほど作った一時的なファイルに、結合したファイルを書き出しています。

9.名詞・動詞などの残す部分を決める

とりあえずツイートを一つのファイルにしました。今度は、どこを取り出すかを決めます。

#パッケージの読み込み
library(RMeCab)

cloud <- docDF(xfile, type = 1, pos = “名詞”)
cloud %<>% filter(!POS2 %in% c(“サ変接続”,”非自立”))

docDFは名詞とか動詞とか、単語頻度、Ngram頻度などを表してくれる関数です。

今回は名詞を取り除くため、pos = "名詞"にしているよ。

filter(!POS2 %in% c("サ変接続","非自立"))で、サ変接続か非自立を取り除いています。

10.列名の変更

なんか列名が長いです。View(cloud)を実行で、見ることができるよ。

この黄色の部分の名前を変えていきます。

TwitterAPI
#列名をFREQにする
cloud %<>% select(everything(), FREQ = starts_with(“file”))

#さっき作った一時的ファイルを消す 
unlink(xfile)

select(everything()ですべての列を取り出しています。

FREQ = starts_with("file"))でfileから始める名前の列を指定して、FREQという文字に置き換えています。

unlink(xfile)でさきほど作ったファイルを消しています。

11.一度表にしてみる

cloud %>% arrange(FREQ) %>% tail(40)

これを実行すると、FREQ(頻度が高い単語)順にした、表を表示できます。

TwitterAPI

12.ツイートの可視化

最後です。

library (wordcloud) wordcloud (cloud$TERM, cloud$FREQ, min.freq = 8,colors = brewer.pal(6,”Set3″))

とりあえず表示がこんな感じになります。人によって異なります。

wprdcloud

min.freq = 〇はどのぐらいの頻度以上のものを表示するかを表しています。

colors = brewer.pal(6,"Set3")ではbrewer.pal(使用色数, パレット名)を表しています。

wordcloud

全体的なコード

部分的なコードで見にくい人はこちらを使ってください。パッケージはインストールしたことは前提です。

#3
#パッケージの読み込む
library(twitteR)
下に自分のアクセスキー・トークンを入力してね。””は残してね。 
consumerKey <- “自分のConsumer Key (API Key)”
consumerSecret <- “自分のConsumer Secret (API Secret)”
accessToken <- “自分のAccess Token”
accessSecret <- “自分のAccess Token Secret”

#認証
options(httr_oauth_cache = TRUE) setup_twitter_oauth(consumerKey, consumerSecret, accessToken, accessSecret)

#”Using direct authentication”が表示されたら成功

#4
#ツイートの取得
tweets <- userTimeline(“gumimomoko”, 250)

#5
#テキストの部分を取得
texts <- sapply(tweets, statusText)

#6
#いらない部分の削除
library(dplyr)
library(magrittr)
library(stringr)

#いらない記号(ID・URL・記号)を取り除くことができるASCLL
texts %<>% str_replace_all(“\\p{ASCII}”, “”)
#欠損値を省く
texts <- texts[!is.na(texts)]

#7
#windowsのみ文字コード変換
texts <- iconv(texts , from = “UTF-8”, to = “CP932”)

#8
#ファイルの結合と保存
#取得したツイートを一つのファイルにして保存
texts2 <- paste(texts, collapse =””)
# 一時的なファイルを作る
xfile <- tempfile()

#先ほどのファイルに結合したツイートを書きだす
write(texts2, xfile)

#9
#名詞・動詞などの残す部分を決める
library(RMeCab)
cloud <- docDF(xfile, type = 1, pos = “名詞”)
cloud %<>% filter(!POS2 %in% c(“サ変接続”,”非自立”))

#10
#列名の変更
#列名をFREQにする
cloud %<>% select(everything(), FREQ = starts_with(“file”))

#さっき作った一時的ファイルを消す
unlink(xfile)

#11
#表を表示してみる
cloud %>% arrange(FREQ) %>% tail(40)

#12
#ツイートの可視化
library (wordcloud)
wordcloud (cloud$TERM, cloud$FREQ, min.freq = 8,colors = brewer.pal(6,”Set3″))

まとめ

  1. TwitterのAPIに登録
  2. パッケージの導入
  3. RからTwitterAPIにアクセス
  4. ツイートの取得
  5. テキスト部分を取得
  6. いらない部分の削除
  7. 文字コード変換
  8. ファイルの結合と保存[alert title="注意"]ここに文章[/alert]
  9. 名詞・動詞などの残す部分を決める
  10. 列名の変更
  11. 一度表にしてみる
  12. ツイートの可視化

Udemyというオンライン学習プラットフォームでもR言語について学べます。ぜひ使ってみてください。

参考にした本

RMeCabのパッケージをインストールするところと大まかなTwitterAPIの利用方法は、【Rによるテキストマイニング入門】を参考にさせていただいております。

とてもテキストマイニングをする際に、勉強になる本なので、是非読んでみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

プロフィール背景画像
さぎのみやの画像
さぎのみや
編集者/超書手

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる