【R】RMeCabで簡単に形態素解析(単語に分けたり、品詞をみたり)してみる【RMeCabCの使い方】

RMeCabをインストールしたけど…どうやって使えばいいの?

という方対象です。

RMeCabを使って、このようなことをしていきます。

  • それぞれの単語にわける
  • 名詞・動詞などの品詞名をつける

とりあえず【RMeCab】を使ってみたい人におすすめです。

目次

今回の目的

【RMeCab】で、単語ごとにわける・品詞名(形態素解析とよぶ)をつける。

実行環境

  • Windows10(MacでもLinuxでも可)
  • MeCab・RMeCabインストール済み
  • Rstudio

MeCab・RMeCabをインストールしていない人は、【MeCab】を【R】で使えるようにするための【RMeCab】を導入する方法・流れ【Windows編】

必要なパッケージ

  • RMeCab

先に読み読み込んでおきましょう。

library(RMeCab)

短い文を形態素解析する

「わたしはグミが好きだ」これを解析していきましょう。

metestという変数にいれます。

metest <- RMeCabC(“わたしはグミが好きだ”)

metest
[[1]]
名詞 
"わたし"

[[2]]
助詞 
"は"

[[3]]
名詞 
"グミ"

[[4]]
助詞 
"が"

[[5]]
名詞 
"好き"

[[6]]
助動詞 
"だ"

この結果になります。しっかり単語ごとに分けてありますし、品詞名もついています。

RMeCabC文字列を形態素解析(単語に分けたり、品詞名をつける)する

リストの各要素にアクセス

上で表示された縦長の結果は、リスト形式となっています。

metest[[1]]
[[1]]

名詞 

“わたし”
metest[[3]]
[[1]]

名詞 

“グミ”

このように各要素にアクセスすることができます。

変数名[数字]数字で指定した要素を表示

リスト形式→ベクトル形式

先ほどの縦長に書かれたリスト形式のものを、ベクトル形式にしていきます。

理由として、ベクトル形式の方が見やすく、便利だからです。

metest1 <- unlist(metest)

metest1
  名詞  助詞  名詞  助詞  名詞  助動詞 

“わたし”  ”は”  ”グミ”  ”が”  ”好き”  ”だ”

この結果になります。縦書きのリスト形式からベクトル形式になりました。

unlist()ベクトル形式にする

ベクトルの各要素にアクセス

リスト形式と同じように、ベクトル形式の要素にもアクセスできます。

metest1[[1]]
名詞
“わたし”
変数名[数字]数字で指定した要素を表示

品詞情報だけを表示

さきほどのやり方だと、品詞と単語が同時に表示されてしまいました。

品詞情報だけ取り出す方法もあります。

names(metest1)
[1]”名詞” “助詞” “名詞” “助詞” “名詞” “助動詞”
names(変数名)品詞情報のみ表示

品詞情報の一部を表示

こちらも一部を取り出すことができます。

names(metest1[[1]])
[1] “名詞”
names(変数名[数字])品詞情報の数字で指定した部分を表示

まとめ:RMeCabCで形態素解析できる

  • RMeCabCで
  • 単語ごとに分けられる
  • 品詞を表示することができる

以上RMeCabCの使い方でした。「Udemy 」でもR言語について学べます。

▼おすすめ商品!画像をクリック▼

一生使い続けたい商品・製品

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
プロフィール背景画像
鷺ノ宮らび
「Unishar-ユニシャー」編集長
ゲーム開発を手助けするメディア「Unishar-ユニシャー」の編集長です。「Rabbishar-ラビシャー」の運営もしています。
目次
閉じる