一冊3分も!小学4年生で斜め読み(速読)を習得した、簡単な一つの方法

本を早く読めるようになりたい。斜め読みを習得してみたいな

という悩みはありませんか。

自分はタイトルにもあるように小学4年生のうちに、斜め読みを習得することができました。この記事では、斜め読みのメリット・デメリット、やり方を説明しています。

このやり方に従えば、一冊の本を3分で読めるようになります。

目次

斜め読みを習得するとできること

  • 本を早く読める
  • 時間を短縮できる
  • 本以外の文書(教科書・参考書)でも、ある程度早く読める!

斜め読みを習得することで、このようなことができるようになります。斜め読みを身につけるメリットはこんなにもあります。

斜め読みの勘違い

斜め読みは【斜め読みの練習】が必要

「斜め読みはコツがあれば、練習しなくてもできるようになる」なんてことはありません。

最低2週間は練習が必要だと考えてください。

でも心配しないでください。この記事には具体的な方法がしっかり書いてあります。

ページを取捨選択するのが、斜め読み

【斜め読み】と聞くと

短時間で本の内容を理解できるの………

のような感じを受ける人もいます。おおざっぱに理解しているというのが本音です。

全部は理解していないですし、むしろ理解する必要はないです。

本をよく読む人ならわかると思いますが、本の内容ってかぶっていることありますよね。

そんなところなんて、もういらないです。

斜め読みというのは、一文字一文字を読むことなく、どのページが大切なページなのか判断する作業です。

したがって、大切だと判断したページは一文字一文字みます。

要するにページの取捨選択ができるようになるということです。

あまりにも難しい、知らない知識が多い本は斜め読みできない

結構、勘違いされることが多いところです。

難しい本を読む時間はみじかくなることはありません。また、新しい知識が多い文章を読むのにも時間がかかります。

斜め読みは魔法ではないのです。

斜め読みの思わぬデメリット

問題文を斜め読みしてしまう

小学4年生から現在まで、問題文を読み間違えるクセがついてしまっています。小学4年のときと比べたら、多少は良くなっていますがね。

斜め読みの具体的なやり方

自分が読みやすい本を用意する

内容が簡単な本や自分が何度も読んでいる本を用意してください。

絶対に難しい本を利用しないでください。

もしなんの本を選べばいいかわからない時は、こちらの本をおすすめします。

斜め読みにおすすめの本

わかりやすい言葉を使っていて、とても読みやすい『伝え方が9割 』です。

こちらもわかりやすい言葉を使っている『「朝30分」を続けなさい!』という本です。

本を両開きにして、一ページずつ三秒見つめる

斜め読み

斜め読みの練習をする本を決めたら、本を両開きにしてください。

そしてこのようにもってください。

斜め読み

そして一ページずつ見てください。

文字を読まずにページの真ん中をみてください。

文字を読まずにページの真ん中を三秒みてください。

三秒後、次のページにも同様のことを行ってください。

斜め読み
  1. 本を両開きにする。
  2. ページの真ん中を3秒間眺める
  3. 次ページに行く
  4. これを2周間繰り返す

注意点

ページの真ん中を眺めるときに、文字を絶対に追わないでください。

ただ眺める。それだけです。

自分はなにをやっているのかな、これって意味があるのかな

のような感情を抱くかもしれませんが、信じてやってみてください。

斜め読みに参考になる本

斜め読みといっても、速読と似ているところがあります。

したがって、速読に関する本も参考になります。

⇩評判は気にしないでください。できる人とできない人に分かれます。

もし速読習得するの面倒という方は耳で本をきこう

「もし速読面倒!」なら無理して習得する必要ありません。理由は続かないからです。

さらに本を読まなくても本の内容を聞ける「Audible」があります。

  • 通勤・通学中に本を聴ける
  • 読みたい本を短期間で聴ける
  • 他の作業をしながら聞ける

もう本も読まなくて良い時代に突入してしまいました。時代の流れは早いですな。

Audible」を使って教養を深めて、視野を広げてください。本の内容が脳にどんどん入ってきます。無料体験だけでもやってみてください。思い立ったときに動くべきです。

まとめ:あきらめてはいけない

  • 斜め読みはページの取捨選択ができる読み方
  • 知らない知識が多い本は斜め読みできない
  • 斜め読みを取得するときは根気よく
  • 耳で本の内容が聞ける「Audible」もおすすめ

以上、「小学4年生で斜め読み(速読)を習得した方法」でした。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

プロフィール背景画像
さぎのみやの画像
さぎのみや
編集者/超書手

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる