【劣化を防ぐ】マイプロテインを例にプロテインの保存方法について「開封前」と「開封後」にわけて説明する

プロテイン購入したけどどこに保存したらいいのかわからないという人はご覧ください。というか保存方法って例を出して明確に示してほしいなと思います。一応口から体に入れる食品ですからね。マイプロテインを例にして説明していきます。

目次

プロテインは食品。しっかり保存しよう

プロテインの様子

プロテインはサプリですが口に入れるものであります。一見ただの粉ですが食品と同じように適切に保存する必要があります。間違った状態で保存するとダニやカビが発生します。ダニやカビを体に入れると腹痛や下痢を引き起こす可能性があります。

どんな状態での保存を避けるべきか

  • 高温である
  • 多湿である
  • 直射日光があたる

この3つを含むような環境にプロテインを置くのはやめましょう。ダニやカビが発生します。

自分のプロテイン保存方法

冷蔵庫にプロテインを保存

開封前:ロフト

  • 日陰
  • 直射日光が当たらない

この2つを要件を満たしたロフトにプロテインをおいています。今のところ、何の問題もありません。ただ開封前だからといって長期間置いておくのもよくない気がします。届いたら早めに食べるほうがいいでしょう。暖かい空気は上に行くので冷房の効いている部屋のロフトが良いです。

開封後:冷蔵庫

  • 日陰
  • 直射日光が当たらない
  • 温度が低い(25度以下)

この3つを満たした冷蔵庫で保存しています。今のところ、何の問題もありません。ただプロテインは場所を占領してくるので、大きさには注意してください。自分は2.5キログラムのプロテインがちょうど冷蔵庫を圧迫しない大きさでした。

乾燥剤を入れる方法をある

湿気があるところにダニは発生します。お菓子と一緒に入っているような乾燥剤も有効です。ただ一応新規の乾燥剤を入れるようにしましょう。

こういった保存方法もある

自分はやっていませんがこのような容器に移して保存する方法があるそうです。気になったらやってみてください。マイプロテインにもボトルがありました。

プロテインを飲む際に気をつけること

プロテインの中身

劣化を防ぐ際にはプロテインを飲むときにも気をつけるべきことがあります。

しっかりとチャックをしめる

ダニが入ってくるのを防ぐためにしっかりとチャックをしめましょう。

乾いたスプーンを使う

水分が加わるとカビが発生する可能性があります。乾いたスプーンを使いましょう。スプーン使用後はそのまま容器にいれておくのがいいでしょう。

開封後は賞味期限に限らず早く食べ切る

賞味期限を気にせず早く食べきりましょう。空気に触れた時点で劣化がはじまります。

冷蔵庫に保存した場合は長期間、常温にしないこと

冷温庫に保存していてプロテインを飲む場合は、一度取り出すことになります。取り出したあとにすぐに冷温庫に戻すなら構いません。ただ長期間常温のままおいておくと結露が発生してしまいます。菌を繁殖させる原因となりますので注意してください。

プロテインパウダーをシェイカーに入れたらすぐに冷蔵庫に戻しましょう。

プロテインの劣化を見極める方法

劣化

匂いが通常時と異なる

匂いがいつもと違う場合、そのプロテインは腐っている可能性があります。

動かしてないのにプロテインパウダーが動く

ダニは肉眼では見えないですが動きます。その動きによってプロテインパウダーが動きます。なにも動かしていないのにプロテインパウダーが動くようでしたら捨てましょう。

▼おすすめ商品!画像をクリック▼

一生使い続けたい商品・製品

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
プロフィール背景画像
鷺ノ宮らび
「Unishar-ユニシャー」編集長
ゲーム開発を手助けするメディア「Unishar-ユニシャー」の編集長です。「Rabbishar-ラビシャー」の運営もしています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる