未成年から仮想通貨投資を始める具体的な方法を6ステップで未成年が教えます

仮想通貨ってどのように買えばいいの?
未成年からどうやって始めるの?

という疑問はありませんか?

この記事では未成年の仮想通貨取引の始め方をお伝えします。

この記事を読めば、未成年のあなたでも、仮想通貨を購入することができるようになります。最後まで見ていってください。

目次

未成年の仮想通貨投資の始め方

この流れが必要です。

軽く知識をつける

口座開設してからビットコインや仮想通貨の知識をつけるというか嫌でもつくんですが、ある程度は仮想通貨の知識をつけておくことが大事です。

ここで注意すべきなのは調べすぎてはいけないということです。尋常じゃない情報量です。ある程度でいいので、知識をつけておくことが大事です。いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン」だよ。

ビットコインの仕組みやブロックチェーンのことをね、ホントにわかりやすく説明してくれてます。

親に相談する

親は仮想通貨に否定的です。ただ説得しないと仮想通貨投資はできません。そこで、先ほどの本でつけた仮想通貨の話や取引所の話をしておくべきです。

また自分のお金でやることも、しっかりと伝え、リスクを伝えてください 。儲かるかもしれないというだけでも興味を持つだけで素晴らしいと思っているのですが、親はそんなことでは許してくれないでしょう。未来の仮想通貨の可能性とかを話すといいかもしれないです。

口座開設をする

仮想通貨の取引ができる口座を開設しなければいけません。おすすめの取引所はZaifです。zaifは未成年でも口座開設ができ、手数料も安くとてもおすすめです。

また将来可能性があるCOMSAトークンというものもあります。口座開設すると書いてありますが、あくまで途中までしか進みません。なぜなら、親の承諾書(親権者同意書)必要になってくるからです。

親権者同意書が必要になってくる段階まで言ったら、次のステップに進みましょう。

親に親権者同意書を書いてもらう

一度親に相談して、仮想通貨取引所の口座開設を許可されているのであれば、親権者同意書は書いてもらえます。

親の同意書に押すハンコは三文判でも構いません。わざわざ実印なんて押さないで、大丈夫です。

日本円を入金する

取引所にお金を入れなければ、仮想通貨を買うことができません。そこのお金を準備しておく事が大事です。

ビットコインが80万、100万と言われていますが、実際にはもっと少ない額で買えます。

3000円もあれば買えます。またビットコイン以外にも様々なアルトコイン(NEM、ETHなど)と呼ばれるものがあり、そのコインはもっと安く買います。

0.1円から買えるようなアルトコインもあります。Zaifに入金する方法として、ペイジー入金、コンビニ決済、銀行振込などがあります。

仮想通貨を買う

取引所にお金を入れたら、ビットコインかアルトコインを買ってみましょう。 そのようにしてやっと仮想通貨を購入することができます。

まとめ:未成年でも仮想通貨を始めることが出来る

  1. 軽く仮想通貨の知識をつける
  2. 親に相談する
  3. Zaifで口座開設する
  4. 親権者同意書を書いてもらう
  5. 入金する
  6. コインを買う

以上「未成年から仮想通貨投資を始める具体的な方法を6ステップ」でした。

▼おすすめ商品!画像をクリック▼

一生使い続けたい商品・製品

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
プロフィール背景画像
鷺ノ宮らび
「Unishar-ユニシャー」編集長
ゲーム開発を手助けするメディア「Unishar-ユニシャー」の編集長です。「Rabbishar-ラビシャー」の運営もしています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる