水(ミネラルウォーター)買う行為でうまれる「重い」「高い」「ゴミが増える」の3重苦は浄水器を使って解放できる

水を買うのは「重い」「高い」「ゴミが増える」3重苦である。ただ水道水を飲むのに抵抗がある。そのような人におすすめしたいのが浄水器である。おすすめの浄水器はクリンスイの「CSP501-WT」になる。

これ以降は水道水とミネラルウォーターの違いや浄水器のメリットやデメリットについてお伝えしていく。

目次

水を買うのは「重い」「高い」「ゴミが増える」の三重苦

水が重い

スーパーで水を買うのは「重い」「高い」「ゴミが増える」の三重苦である。筋トレと気分転換ができるとポジティブに考えたこともあるが、やはり無理があった。水を買うより浄水器を使うことをおすすめしたい。

蛇口につけるタイプだと運ぶ必要がないのでまず重くない。さらにミネラルウォーターを買うより安い。さらにさらにペットボトルのゴミがでない。

後ほど紹介するクリンスイでは1つのフィルターで最大900Lの水を浄化してくれる。フィルター1つの価格は2000円程度。2Lのペットボトルが4.4円で購入できるレベルである。スーパーで重い・高い・ゴミが増える水を買うより、浄水器を導入したほうがはるかに楽である。

浄水器は安全なものをより安全・美味しくする

クリンスイ「CSP501-WT」

そもそもミネラルウォーターと水道水では安全基準が異なる。

ミネラルウォーターは食品衛生法に基づいてた基準を満たしていないと販売できない。その基準の数は39項目。具体的な項目は厚生労働省の清涼飲料水の規格基準に書いてある。さらにメーカーが厳しい品質基準を設けることもある。

水道水は水道法に基づく水質基準を満たしたものでなければいけない。具体的な基準項目は、厚生労働省の水質基準項目と基準値に書いてある。51の水質基準をクリアした水が水道から出てくる。

水道水とミネラルウォーターの水質基準の差は東京都水道局のサイトをご覧いただきたい。

だからといって基準数が少ない「ミネラルウォーターが危険だ」といいたいわけではない。メーカーが新たに基準をつけている場合があるので、どちらが安全なのか簡単に比較できない。

伝えたいのは厳格な基準をクリアしている水道水は安全であること。ただ水道水を使いたくない理由があるのだろう。においが気になる、塩素が嫌い、なぜかお腹が痛くなる、美味しくないとか。それを除いてくれのが浄水器である。

蛇口につけるクリンスイでおすすめなのは「CSP501-WT」

クリンスイ浄水器

浄水器は塩素やにおいの原因となる成分を除いてくれる。水道水をより安全・美味しくするものである。特にクリンスイの浄水器をおすすめしたい。

クリンスイの蛇口につけるタイプの浄水器は主に2つある。新型の「CSP501-WT」と旧型の「MD101-NC」である。結論からいうと新型の「CSP501-WT」のほうがおすすめだ。

旧型の「MD101-NC」と比べて、シャワーがハネづらく、コンパクトになり、お手入れしやすくなった。今買うなら新型の「CSP501-WT」の方を購入すべきだ。特にシャワーがハネづらいのは少し感動するだろう。

クリンスイの浄水器のメリット

浄水器のメリット

クリンスイの浄水器のシャワー機能が便利

クリンスイの浄水器は3つモードに切り替えれる。

  • ストレートの水道水
  • シャワーの水道水
  • 浄水ストレート

この3つのモードがある。このシャワーモードが非常に便利だ。洗い物するときにまず汚れが取れやすい、さらに水が驚くほどハネない。シンクが水びたしにならず、カビができづらくなった。

カードリッジは変えなければいけないが変更頻度は少ない

浄水器は水を浄化してくれるカードリッジを定期的に変更しなければならない。ただクリンスイの浄水器は一回分のカードリッジで、最大900リットルの水を浄化してくれる。

2Lのペットボトルに直すと450本になる。一人暮らしだと1年ぐらいもつだろうから、カードリッジを変える負担はそこまで大きくない。

浄水器を設置しやすい

クリンスイを購入したときに入っている説明書を読めば、蛇口に浄水器を設置する方法が簡単にわかる。あと自分の蛇口に浄水器がつくのか心配しないでいい。様々な蛇口に対応できる道具が多く入っている。引っ越し先の蛇口にもおそらく対応できる。

ミネラルウォーターより美味しい

塩素やその他の成分が除去されているおかげで、水が美味しく感じる。塩素特有のにおいや味がしなくなる。キリンのアルカリイオンの水より美味しく感じる。浄水器を導入すればミネラルウォーターより美味しい水が蛇口から出る嬉しさを感じることになるだろう。

クリンスイの浄水器のデメリット

浄水器のデメリット

浄水器全体にいれることでもある。

浄化された水は腐りやすい

水道水に塩素が含まれている理由は病原菌を殺菌できるからである。塩素消毒の効果については東京都水道局の塩素消毒の効果が参考になる。その塩素があるから水道水は塩素独特の味やにおいをまといながら、安全に飲めるようになる。

その塩素を取り除いた水は菌が繁殖し腐りやすくなる。そのため長期間保存しておいてはいけない。浄水器を利用した水はその日に飲み切るといった感じが良いと思う。

定期的に手入れしないといけない

定期的に手入れしないと浄水器の汚れがたまる。浄水器のせいで汚れた水を飲むのは本末転倒である。カードリッジを変えるタイミングでもいいので、しっかり手入れすべきである。

まとめ

  • 水を買うより浄水器にすべき
  • 水道水は安全
  • 水道水をより安全・美味しくするのが浄水器
  • 浄水器はクリンスイの「CSP501-WT」がおすすめ

身体的・経済的・環境的にお得なため、クリンスイの浄水器に変えてみてはいかがだろうか。

参考文献

▼おすすめ商品!画像をクリック▼

一生使い続けたい商品・製品

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
プロフィール背景画像
鷺ノ宮らび
「Unishar-ユニシャー」編集長
ゲーム開発を手助けするメディア「Unishar-ユニシャー」の編集長です。「Rabbishar-ラビシャー」の運営もしています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる